【事例】不動産投資の駆け込み寺

10社から、最も資産価値の落ちにくい物件を選定

10社の提案を聞いたが、決められない
 

「タクシー内の広告で不動産投資のCMを見た。節税になるんだ!と思い情報収集。ネットで検索し、手あたり次第に不動産会社の提案を受けたものの、どこの会社の商品も魅力的に感じてしまい、一人で決められない。」

東京都江東区 K様 男性・33歳

ご相談の結果

まずは、目的の整理を実施

その結果、K様は直近の「節税」を目的にされたいのと、将来的に相続対策や年金対策としても有効活用できたらというご意見でした。

次に、各物件をコモングッドにて第三者チェック

AIシミュレーションの結果を元に、上記の目的に合った物件をご案内。将来の不足資金や相続金額を改めて算出し、将来の資産価値も1000万円以上残るというC社の投資用マンションを選択しました。

ご相談の結果

中には500万円の資産価値しか残らないものもある中で、約2倍という資産性の高い物件で、目的に合わせて堅実に資産を積み上げるプランニングができました。

10社から、最も資産価値の落ちにくい物件を選定

 


 

↓サービス詳細はこちら↓

 


 

 

Image result for LINEアット アイコンで身近な事例をご案内

↓登録はこちらから↓

 


 

CASE

  • 10社から、最も資産価値の落ちにくい物件を選定

    東京都江東区 K様 男性・33歳
  • 損する物件を回避しトクする物件へ

    東京都目黒区 M様 女性・29歳
  • 笹塚 vs 笹塚

    東京都新宿区 S様 男性・28歳