【事例】不動産投資の駆け込み寺

笹塚 vs 笹塚

笹塚 vs 笹塚どちらを買うべき?

「保険の担当から話を聞き、不動産投資について情報収集開始。別々の会社で、同じ笹塚エリアで似たような物件を提案された。知識も乏しく、良し悪しが分からず、どちらを買うべきかどうか迷っている。」

東京都新宿区 S様 男性・28歳

ご相談の結果

まずは、目的の整理を実施

その結果、M様は不動産投資の持つ「生命保険」や「年金対策」としても使えて「売却で教育資金の補填」をしたいという目的が整理できました。
また、ライフプランニングで、将来の不足資金や相続金額を改めて算出しました。

次に、提案を受けている物件を第三者チェック

提案を受けている物件資料を元に、AIシミュレーションを実施。

購入検討中のマンション

①Xマンション

  • 笹塚5分/1K/築10年/21㎡
  • 家賃8.95万円/価格2,430万円

②Yマンション

  • 笹塚2分/1K/築11年/25㎡
  • 家賃9.5万円/価格2,650万円

シミュレーションの結果

①表面利回り

「表面利回り=家賃収入(年間)/ 物件価格」の式に当てはめると、Xマンションが優位です。では、Xマンションを買った方が得でしょうか?そこで、表面利回り以外の指標を比べます。

②表面利回り以外の指標

比べてみると、以下の項目でYマンションの方が優位です。

  • 35年間の推定総合収支
  • 35年後の推定資産価値
  • 推定空室率

【参考】表面利回りだけで判断していいの?

一見、表面利回りのみで判断すると「Xマンションを買ってしまおう!」となりそうですが、不動産投資は奥が深いです。表面利回りだけで判断してきた方もこれまでは多かったですが「新時代の不動産選び」は、表面利回り以外の指標を元に投資判断をしていくことが、勝負の分かれ目になってきます。

ご相談の結果

「何となく」で選ぶのではなくデータを味方につけたセカンドオピニオンで、目的に合わせて堅実に資産を積み上げるプランニングができました。

より安定収入を狙える物件をチョイス

 


 

↓サービス詳細はこちら↓

 


 

 

Image result for LINEアット アイコンで身近な事例をご案内

↓登録はこちらから↓

 


 

CASE

  • 10社から、最も資産価値の落ちにくい物件を選定

    東京都江東区 K様 男性・33歳
  • 損する物件を回避しトクする物件へ

    東京都目黒区 M様 女性・29歳
  • 笹塚 vs 笹塚

    東京都新宿区 S様 男性・28歳